非正規店に持ち込む前に!バックアップを取る以外にやっておくこと

充電しておくことが大切

非正規店にiPhone修理を依頼する場合は、充電しておくことが重要です。充電しておかないと電源が入らないなどの故障が起きた時、残念ながら確認するのが難しくなります。そのため、多くのiPhone修理では、修理依頼をする前にしっかりと充電することを促しているのが実態です。非正規店によって、どのくらいの充電をすればいいのか異なってきます。どのくらい充電していいのか分からなかった場合は、完璧に充電しておけば全然問題はないです。逆にバッテリーが少ないほど状況によっては、断られてしまう恐れがあるので要注意です。充電をする時は、すぐに完了する訳ではないので急にiPhoneが故障してしまった時も冷静に判断し、まずは充電するように心がけることが必要です。

iPhoneをリセットすることで他の方にも見せられる状態

バックアップを取った後にiPhoneをリセットしておけば、非正規店に大切な情報を見られる心配は無くなります。特に重要な個人情報やデータがiPhoneに保存されている場合、非正規店のスタッフに見られる可能性があります。状況によっては、重要な個人情報やデータを盗み取られてしまい、悪用される恐れがあるため、注意しないといけないです。しかしiPhoneをリセットしておけば、初期の状態でiPhone修理をしてもらえるので安心です。そして修理完了したらリカバリーをすることで、故障してしまう以前の状態に戻せます。iPhoneのリセット方法はそこまで難しくなく、簡単に実施することが可能です。ただしiPhoneの故障状態によっては、リセット不可能な場合もあるので大切な情報やデータを絶対に悪用しない非正規店を選ぶことがポイントです。

iphoneが起動しない場合にやるべきこととして、充電を再度行うという手段があります。充電ができていると思っていても実はできていない場合や放電してしまっている場合があるからです。